スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

物忘れの話題

 2012-03-22
認知症の新しい薬と治療

認知症についてはみなさんもよくご存じだと思いますが
単なるど忘れと違って記憶力が落ちたり、お金の計算ができなくなったり
時間や場所の感覚がわからなくなったり・・・

元々きちんとできていた人が、どんどんできなくなって
行動や判断がおかしくなっていく病態
自分がなっても、家族がなったのを見ているのも辛いですよね

認知症についてもいろいろ研究が進み、その分類から原因まで
突きとめられているのもあれば、まだまだ解明されていないもの
原因はわかっても治療できるものから、出来ないものまでさまざま

まずは、きちんと調べることから始まりますが
ボケボケになってからではなく、軽いうちから調べて治療を始めたのでは
その後の経過も家族の負担も全然違いますからね

去年の4月からはアルツハイマー病の薬も3種類増えて合計4種類
その組み合わせをどう使うか?
その人にあった薬はどれか?使えない薬もあったり、なんてね

そんかなんだで、発売から1年を迎えようとしているこの時期に
認知症について、その治療と最新の薬の手ごたえについての依頼講演が
増えているのですね

今日もその一つをやってくるところ
開業の先生や専門外の先生たちにとっては、認知症は手出ししにくい
疾患の1つでもあるでしょうからね

認知症の治療は薬だけではなく、普段からの食事や水分、栄養管理
睡眠や排便などの生活管理、外出や散歩、運動なども重要

さらには介護する家族へのサポートや教育、メンタルケアも重要ですね
認知症をそのまま見ていたのでは家族まで潰れてしまいますから

介護保険を利用するのは当然として、どうやって介護度を上げないように
計画を立てててやっていくかってとても重要
そのためにも専門医と地域のDrの連携はとても重要になりますね

最近、第一三共の宣伝で、樹木希林さんが認知症の薬をやっていますね
演技がうますぎて、えっ?演技だよね?って思ってしまうほど(^ ^;
認知症があってもほのぼのと家族と一緒に生活ができることが一番ですから

難しい面はいっぱいありますが・・・

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/973-45a3f7f0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。