スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

厚生行政の矛盾

 2012-05-26
生活保護制度の光と

“国民は最低限の生活を営む権利を有する”と日本国憲法では謳われている
いろいろな理由で働きたくても働けない人を助けてあげることは大切な事
そういう人を助けてあげる制度が“生活保護”ってことになるけど
最近になってまたその問題点や問題例が出てきていますよね

そもそも働きたくても働けない人がもらうならまだしも、働く気のない人
家族で生活を分離して、あたかも無収入に見せかけて受給する人など
患者さんを診ているだけでも、あれ??って疑わしい事例は少なくない

この前はコメディアンの次長課長の河本さんの親が生活保護を受けていた
ってことで問題になった
初めは開き直っていたけど、反省のコメントを出している
これなんかはそのいい例

国会議員から“息子がちゃんとした稼ぎがあるのだからまずは親の面倒をみるべき”
と指摘されていたが、全くその通りだと思う
生活保護だって税金なんだから、もらえればラッキー!ではひどすぎる
昔から“ヤ”のつく職業の人たちは内縁の妻のヒモになって受給していたりね

年金よりも高いことも、問題であるとの意見も一理ないとは言えない
生活保護ぎりぎりで頑張って働いている人だって大勢いるはず
ここ最近では小宮厚労大臣や自民党から支給額の引き下げの検討の話も出ている
そういう見直しも一つかもしれないが、実費支給を見直す方がいいのでは?と

生活に困って苦しい人には、国営の宿舎に住まわせて食事と小遣いを与える
実費支給はしない!ってしたら、働く気のない人はそこにいたくなければ
働かざるを得ないし、わざわざ生活を分離したり、親の面倒を見ないふりして
受給するような不届きものも出てこなくなるのでは?と

こういう制度の見直しが本当の意味で福祉の充実につながるように
より良い福祉になるような制度になってくれることを祈って止まない

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/971-9d7a8c84
  • まとめtyaiました【厚生行政の矛盾】【まとめwoネタ速neo】
    生活保護制度の光と影“国民は最低限の生活を営む権利を有する”と日本国憲法では謳われているいろいろな理由で働きたくても働けない人を助けてあげることは大切な事そういう人を助けてあげる制度が“生活保護”ってことになるけど最近になってまたその問題点や問題例が出...
【2012/05/27 13:47】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。