スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

今日は何の日

 2011-09-11
9.11から10年目、3.11から半年・・・

昔は13日の金曜日ってのがすごく嫌なイメージが・・・映画のせいでしょうけど

あのアルカイダによる前代未聞の航空機ハイジャック&テロで大惨事をまき起こした
9.11から、もう10年になるんですね
あの時の衝撃と映像は脳裏に焼き付いたまま

テロは間違っても肯定されるものではないけれど、それまでのイスラム過激派とアメリカ、
と言うかイスラエルvsアラブの紀元前からの争いの歴史に、ユダヤを支持するアメリカの
関与がより深刻な確執を過激派を生み出す状況を作ってしまっていたことは否定できない

あの事件でお亡くなりになったり被害にあったご家族を思えば、テロの犠牲者のほとんど
はまったく、そういう歴史や経緯に関係のない一般庶民
テロの犠牲者はいつでもそういう一般庶民だし、本当に下劣で無意味な行為なのに・・・
やるせない気持ちでいっぱいでしょう

でも同時に、この事件を機に、一時的にでもイスラム教徒への偏見や迫害が起こったのも
事実だし、いくら怒りがあっても関係のないイスラム教徒へのいかなる迫害も容認できない
裁かれるのはどんな理由であっても犯罪お起こした犯人たちだけで十分

仏教の世界でも憎しみや報復からは何も生まれないことは教えられている
きっと他の宗教だって本当は同じなのだろうけど、いいように利用する人もいるのだろう

とにかくこの憎しみと報復の連鎖を止めなければ
結果だけを見て、どっちが正義でどっちが悪だという単純な問題ではない事を認識しないと
9.11にまたアルカイダから報復の声明があったとかなかったとか

日本では先の3月11日の大震災の影響もまだまだ大きな爪痕を残し、その印象がまだまだ
強く残っている人も多い事でしょう
私の被災者の一人ですし、被爆地で働くものとしては忘れられない日

被害の大きかった地区ではまだまだほとんど手つかずの状況で残骸の山のところも多く
生活基盤の復興すらままならない状況であることは聞きます

福島はそれに加え、原発事故からの放射能漏れで避難を余儀なくされ、その周辺地区も
被爆してからの情報公開に唖然としながら、時を逸しながらも除染作業に必死
こういう生活が何十年~百年単位で続けなければいけないことでしょうし、こんな状況で
福島の産業の復興があり得るのかどうか・・・考えるほど悲しい状況

毎月11日というより、毎月半ばの金曜の午後になると、なんだか嫌な気分になる
そんなときに大きな地震がくるとよけいに・・・
心の傷というかあの時の恐怖心、トラウマってなかなか消えないものですね
福島の人々の怒りが、せめて復興へのいい方向へのエネルギーになることを祈りながら
今日と言う一日を過ごしていこう

スポンサーサイト
コメント
9.11も3.11も未だに言葉で表せません。恐怖だけの記憶です。
その場に自分が居たかどうかの違いにすぎません。事故かテロか災害か…自分も被災者なのに、家族の人生設計狂わされたのに、まだピントが合ってない感じですね。
この妙なズレ感はずっと続くでしょう。きっと自分が死んでしまうまで。まるで自分が悪い事したような錯覚とすり替わりながら。その頃まで記憶しっかりしてるかな?
どんな悲惨な悲劇も起こりませんように。
祈ります。
【2011/09/11 23:20】 | ichiyou #- | [edit]
世界の人々が安心して生活できる世の中
当たり前そうなのに当たり前でない現実
悲しいですね

世の中の皆さんが幸せでいられますように
悲劇は繰り返しませんように、祈りつつ
【2011/09/13 17:59】 | ドクター石原 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/849-d79c36e1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。