スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

冷房の功罪

 2011-08-12
利きすぎの冷房って・・・

暑い時の冷房って・・・実は昔は正直、大嫌いでした!
埼玉の田舎に育ったから?子供のころから冷房なんてなかったし
自然の風が大好きだった

大学に入っても4年生までは暑くても冷房は使わず過ごしていたし
さすがに5年生になって試験勉強をマジにやりだしたら、さすがに
脳みそがとろけそうで親に泣きついて冷房を入れてもらったけど(^ ^;

今でも冷房が得意でない事には変わりはない
体が冷えすぎるとだるくなるし、肩こりが酷くなるし、身体が訛る
でもさすがに仕事中に冷房なし!って環境では仕事になりませんから

今の仮設診療所はプレハブなので、冷房をきかせてもたかが知れている
中通路や待合はもう少し冷やしてあげないと!って思うくらいに
この点については、患者さんが中心だからもっと何とかしてもらわねば!

一方で前の職場でもそうだけど、24-25℃が当たり前って冷房好きのDrも!
そんな中に長くいたら体が壊れちゃうって!いつも温度設定を勝手に
28度にして“節電のため28度設定にしましょう”ってあたかも、病院の
事務さんが張ったかのようにイタズラ張り紙をしてみたり(笑)

新幹線の中も外が暑いからだろうけど、入って初めは涼しくていいけど
あっという間に冷え冷えになるほど、冷やされている(^ ^;
半袖やTシャツで平気な人もいるけど、俺は全然対応できずに、いつも
通勤時にはジャケットや重ね着用のシャツを持ちあるっている次第(^ ^;

万人受けする環境にするってなかなか難しいのだろうけど
やはりなんでも“ほどほど”が一番ちょうどいいのかもしれないって

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/813-12b81684
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。