スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

節電の余波

 2011-07-25
節電の影響から気づくこと

今年は忘れもしない、いや、できない3.11のあの東日本大震災
それに続発した東京電力原発の放射能漏れ事故による影響

あの大きな震災だけでも大変だっていうのに、甘い考えで作った原発が
あまりにもあっさり壊れてしまい、急場の初動を次々に誤って、大事故
にまでつながってしまった、この事実

国や東京電力がどこまで深刻に、かつ責任を感じながら対応してるのか
その行動や対応の遅さ、言動の内容を見てるとはなはだ疑問を感じ得ない

そのお蔭で始まった、あの被災直後の“計画停電”という名の無計画停電
で関東や東北はパニック状態

一時は支援物資の輸送にも支障をきたしてしまったり、復興にも悪影響を
出してしまったり、国内企業の生産性まで低下させてしまうその有様は
その無計画さ、無試案さ、上から目線の東電の言いなりにしかできない
政府の無能さを露呈るるばかりで、あきれるばかり

原発を全国で停止してしまったから、節電が必要だ?計画停電復帰も?
電気料金はこれから上がる?・・・ふざけちゃいけません!
って文句は置いといて、最近は駅やお店でも節電して頑張っているなって

駅の構内は暗すぎない程度に証明を落とし、エアコンも待合室も控えめ
確かに昔と比べれば薄暗いけど、慣れるとなんてことのないレベル
コンビニの明かりだって暗めでも全然違和感ないし、陳列棚が暗くても
なんてこともない
極端な事言えば、一部は常温で置いといて安く販売してもいいのでは?って

こういう風に街中でも努力しているし、国民から文句なんてでやしない
むしろ家庭でも節電の意識が高まっているとかで、いい傾向に

そう考えると、今までどれだけ贅沢に電気を使っていたんだろうって
贅沢になれることっていろいろな面で怖い事だなって
少しの快適さと便利さを諦めるだけで、意外に慣れるとなんてことなく
生活できる環境にいたんだなって、改めて思う

こういう不幸な事故や不幸な時期を乗り越え、それを糧にしていけたらいい
そして便利で豊かな生活のありがたみを改めて感じられたらいいなって

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/800-bc4743af
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。