スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

介護福祉問題

 2011-07-04
介護保険を利用していますか? 

介護保険と言えば、高齢者や障害をサポートするための施策のひとつ
なるべく病院においておくより、自宅で見てあげられるように、その介護
をする家族の負担を少なくさせるために小泉政権時代に始まった

とは言え、家で患者さんや元気なお年寄りならいいけど、ボケてしまった
お年寄りを見ていくってことは、そう簡単なものではないのが現実
あの当時は医療費の削減が重要な事でもあったしね

そんなかんだで始まった、介護保険制度
当初は不備が多いながらも、なるべく制度を受けさせてあげよう!って
感じの対応が多かった印象ですが、最近では介護保険費が苦しくなってる
せいか、なるべくランクを下げてサービスを受けにくくしているような印象

そもそも介護保険制度は45歳以上で特定された疾患にかかって後遺症のある人
もしくは60歳以上の年金を払っている高齢者は全員が受けられる制度だった
後者は一次保険者っていって、そもそも年金から天引きされているしね
ボケや障害の程度によっても受けられるサポートは違ってくるけど

あれから・・・何年?
介護保険制度が退化している気がする
お役所も積極的にサービスを受けられる資格のある利用者やご家族に対して
情報提供をする!という業務は相変わらず徹底されておらず、各サービス
事業所のケアマネージャー任せ、医療機関任せな印象は否めない

後遺症の程度もボケも変わらず、再申請(毎年)するたびに利用者はどんどん
年を取っていくのに、介護ランクを1-2ランク下げられていくという事実
利用者が権利についてよく知らないことをいいことに、お役所の介護福祉課
はすっとぼけてやいませんか?

病院によってはそういうことの重要性を認識していない施設もあるくらい
そのくらいお役所でも、医療機関でもサービスを受ける基本のばらつきがある
こういうことを管理したりチェックして、よりよいサービスを適切に受けさせ
てあげるように導くのも福祉に携わる公務員の責務では?って

利用者さんも少し勉強すれば、あれ?って思うことはあるはず
どんどん勉強して、受けられるサービス、受ける権利を無駄にしないよう
どんどん申請し、意見は言っていくようにしていかないとね

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/751-bcd2d6f7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。