スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

映画音楽に魅せられて

 2011-05-14
ニーノ・ロータの音楽の世界♪

ニーノ・ロータ” と言えば映画好きの人なら良くご存知ですよね?
ゴッド・ファザー愛のテーマ”に“太陽がいっぱい”、“ロミオとジュリエット
などなど珠玉の映画の名作のテーマ曲の作曲者であり、この他にも
フェデリコ・フェリーニ監督の映画音楽にも大きく関与していたんですね

ゴッド・ファザーと言えば私の最も好きな映画の一つ
当時はほとんど無名だったアル・パチーノやマーロン・ブランドを起用し
オスカーを二度とり、三作目は残念ながら、ダンス・ウイズ・ウルブス
に取られたものの、その壮大なスケールと運命の非情さには圧倒された

米で最大のマフィアの家に生まれた、マイケルは父の仕事にも組織にも
反抗し嫌悪し距離を置いていたが、徐々に運命に巻き込まれるかのように
気が付けば自分が組織のドンに君臨していた
マイケルの優しい表情が目つきがだんだん冷淡なものに変わっていく

いくらどんなにあがいてももがいても運命からは逃げられないのか?
人は所詮、運命の操り人形にすぎないのか?
“人生”とはこんなにも無情で残酷なものなのか?
その優しく寂しいメロディーを聴くたびに様々な情景が目に浮かんでくる

一方、“太陽がいっぱい”はアラン・ドロン主演の不朽の名作
貧しい育ちの青年が裕福な友達と入れ替わって、彼の富も彼女も手に入れ
とようと完全犯罪を企てる
しかし、彼の上で太陽が輝いていたのはほんの一瞬だった

太陽の眩しさに憧れてそれを奪おうとしてしまった
そんなアラン・ドロンの青く美しく、そして寂しげな眼差しが印象的
昔、若いころ母がアラン・ドロンの眼差しにとろけていたのは理解できる
そしてその美しい風景に、この優しく寂しげな曲があまりにも印象的

どうしてニーノ・ロータの音楽ってこんなにも美しく優しく、そして寂しく
私たちの心に響くのだろう・・・
いつまでも、いつの時代までも

スポンサーサイト
コメント
私はブリジット・バルドーが大好きです(^_^)v全然違いますけど(笑)
【2011/05/15 20:44】 | あかね #- | [edit]
映画好きなんですか?

ってへーっ!ブリジット・バルドーとはこれまたマニアックですね!
超セクシー系の女優さんですね
【2011/05/15 23:11】 | ドクター石原 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/741-aa495a12
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。