スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

大震災と原発問題の余波

 2011-04-16
原発問題の余波

大震災だけでも不幸な事なのに、さらに原発問題で悩む福島県民と国民
大震災は天災だから仕方がない!・・・と受け入れるしかないとしても
原発トラブルについては経緯がわかればわかるほど、やっぱり?!
というような情報が次々に露見してきて、人災であった可能性がちらほら

福島県民は今回のことで一層、東京電力や国に対しての不信感が増大して
“福島第一原発”と名前に“福島”をつけられることを非情に嫌がっている
実際に世界的にも“Fukushima”と名前を使われているくらいだから
そんな事で福島の名前が世界中に知れわたる事は受け入れられないだろう

実際に過去に原発を福島に受け入れた何らかの経緯があるのも事実だろうけど
当然こういう不手際をしないことが前提に、受け入れを決定したのだろう
原発の地元では雇用や税収面などでも少なからず恩恵を受けていたとはいえ
今回のことはあまりにも残酷すぎる

当初はレベル5とされていた原子力事故も、先日の段階でレベル7に
東電も官房長官も3月中にはそういう状況であることを把握していたとの事
情報操作?情報の隠ぺい?ととられかねないこのような発表に加え、
東電や保安院などの専門家まで慢心と不手際、連絡不足が幾重にも重なって
今回のような大事故につながった“人災”としか思えない

政府の初動についても問題がなかったのか非常に疑問も残る
当初から重大な問題として協力を申し入れてきたアメリカやフランスなどの
申し入れを断り、東電や保安院に任せた結果がこの始末であることは明確
責任追及は後々きっちりやっていただくとして、まずは一日も早くこの原発
問題を収束させて頂くことを切に願っている

周辺の避難民たちの今後の生活はどうなるのか?
今までの土地や家や仕事までも失い、すでに1月以上の日々が過ぎている
今後10年も30年も続くと予想される原発の収束問題は、これらの問題に苦しむ
人々の気持ちをさらに深く沈ませるに十分に余りある話である

避難民だけではなく、福島の農業や畜産業、漁業などへの風評被害の影響は
そう簡単には拭えるものではないだろう
工業製品やそのほかのものについても広がってきているし、北関東の野菜や
果物にまで影響が出てきている事実

今後この福島が、東北が、北関東まで含めてどうなっていくのか先も見えない
昔からそこに住みその社会でしか生活が成り立たない“民”が大勢いること
その人たちを見捨てて逃げてゆくことなど考えない、考えられない人がいること
簡単に“退避”という言葉で住民を移動させれば終わるような簡単な問題ではない

放射能について心配がないと言えばうそになる
ただし闇雲に怖がるのではなく、的確な情報を流してもらい正確な知識をもって
いろいろな事象や報道を判断してくれる人々が増えることを切に願う次第
心の片隅にいつまでも持ちづつけながら、この話題に興味を持っていてほしい

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/707-c15b6c36
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。