スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

春なのに・・・

 2012-03-24
卒業の季節、春の歌♪ 

春って何かとうきうきしたりせつなくなったり・・・
ちょっとセンチメンタルになる季節でもありますよね!
春風に吹かれながら通勤していると、ついつい春の歌を口ずさんでたり(^ ^)

古くはキャンディーズの“春一番”や“微笑がえし”とか?(笑)
柏原芳恵の“春なのに”もいいけど、作者の中島みゆきが歌うと、わかる人にはわかる?
あの古き良き時代のみゆきの暗く切実な歌声が(^ ^;

松任谷由美の“卒業写真”に、金八先生で一躍有名になった海援隊の“贈る言葉
尾崎豊の“卒業”に斉藤由貴の“卒業”、菊池桃子の“卒業”、長淵は・・・無視(笑)
Hi-Fi Setの“卒業写真”もよかったなあ・・・ユーミンのカバーだけど

ちょっと新しいところではレミオロメンの“3月9日”、
コブクロの“”にケツメイシの“さくら”、森山直太郎の“さくら”にレミオロメンの“Sakura
寅さんの“さくら”は違うか?(笑)

あとどんなのがあったかな?
まだまだいっぱいあったはずだけど・・・

なんで春って綺麗でうきうきする季節なのにせつない歌が多いのでしょうか?(^ ^;
若かりし日々を懐かしみつつ思い出しながらうるうるきちゃったり(笑)

みなさんならこんな季節に、どんな歌が思いつきますか?
そう考えているとカラオケにいきたくなりませんか?(^ ^)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/665-ed659716
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。