スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

温故知新

 2011-04-24
レトロな車 ~温かみと面白さ~

今は車でも電化製品でも“Eco”の時代
冷蔵庫だってエアコンだって車だって、長く丁寧に使うよりは
新しいものにどんどん切り替えていった方が、性能がいいだけではなく
“Eco”になるというから、不思議なものである

昔はいいものは長く使えると教えられ
物を丁寧に使って綺麗に磨き、長持ちさせることが美学だった
それはそれで、いまでも間違ってはいないと思う

おいらのポンコツ♪・・・の1台は20年物の代物
内装もクッションも時代を感じるし、内装もご覧のありさま
でも新車には比べられない、なにか不思議な魅力がある
ポンコツのインパネ01
アクセルをふかせばエンジン音とともに振動が伝わってくる
エアコンをかければ、ファンがきゅるきゅる音を鳴らす
ナビどころかカーオーディオだってラヂオとFMだけでCDすらついていない

それでもやっぱりこいつは可愛い
どうしようもなく魅力的で乗っていて楽しい気分にさせてくれる
古いもの、その魅力ってどうしてこうも心をくすぐるんだろう

スポンサーサイト
コメント
大切なものはずっと使うの賛成です。
車でいえば私も同じような内装でした。不便があっても味として又よし、なんて感じで可愛がっていました。
大切にしたい気持ちこそ大切かなって…
【2011/04/24 18:19】 | #- | [edit]
どんどん愛着がわいてきますよね
あと何年付き合っていけるかですけどね(^ ^;

ちなみにものを大切に使うと100年たつと付喪神が宿るといいますけど(笑)

車じゃあ無理かな?(^ ^;
【2011/04/25 10:57】 | ドクター石原 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/660-93e2c08a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。