スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

診察室の一コマ

 2011-02-21
困った頭痛患者さんたち

頭痛を専門に診察する“頭痛外来を”南東北福島病院、須賀川診療所に開設して
それぞれ1-2年程度?
その前までは郡山でやっていたのですけどね
患者さんたちもいろいろいるもんですねえ(^ ^;

簡単に診断がつくのになぜ今まできちんとした治療をしてもらえなかったんだろう?
って思うような可哀そうな患者さんもいれば、そりゃあ治りませんよ!って思うほど
めちゃくちゃな日常生活の方がいたり(^ ^;
多くの方は前者であって、困ったさんはそれほど多いわけではないですけどね!

この前受診された困ったさんの極め付け患者さんは、長年痛み止めを常用していたために頭痛がより酷くなってしまった“薬物乱用頭痛”の方。
頭痛外来を予約してまで来るくらいだからよほどの覚悟で来てるのかと思いきや
“今まで頭痛もちで毎日の様に頭痛薬を飲んでいないと家事もできないのです”
“薬物乱用頭痛は痛み止めを中断しないといけないのはわかっていますが、一度その治療をやったら辛く日常生活も満足にできなくなったのでその治療法は受けたくありません”
“何かほかにいい治療法やいい痛み止めはありませんか?”

以前にも痛み止めの飲みすぎで頭痛がよりひどくなってしまう“薬物乱用頭痛”についてはブログでもテーマにしましたが、その治療法は唯一“痛み止めの中断!”なのです

“それを避けては良くなりませんし、他に治療法はありませんよ”
っていくら言っても、どれだけ自分が辛いか同じ話を繰り返すばかりで、診察予定時間の15分をはるかにオーバーしても話は終わらない始末(+ +)

次の予約の患者さんたちをかなり待たせてしまっていたし、仕方がないので
“本気で治す気がありますか?それなら専門医の指示に従って薬物を中断してください”
って言ったら“それしか方法がないのですか?じゃあこのままでいいです”
とおっしゃって帰られましたとさ(+ +)

他の患者さんを待たせてまで診察したのに、その約40分間はいったいなんだったのでしょ?
看護婦さんと苦笑いしながら、お待たせしてしまった次々の患者さんたちに謝りながら診察したのでした(^ ^;

本当に患者さんていろいろだなあ!って
でもそれも患者さんの人生だからなあ!ってね(^ ^;

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/651-4c235732
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。