スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

仕事の相棒

 2011-03-21
使い込んだ万年筆

最近では電子カルテがどんどん普及して、文字を書くことも少なくなってきてます!
でも電子カルテになってからカルテに所見を打ち込むのに必死で、
医者が患者さんの顔をほとんど見てくれない!って苦情も多々あるようです(^ ^;
これはある意味電子カルテの功罪の“罪”の面ですね!
予想外に、診察に時間がかかるようになったのも“罪”の面ですけどね

私は以前から治験(新薬の患者さんに投与する試験)を中心にやっていたので、
電子カルテの時代でも各書類が山ほどあり、これをすべてボールペンで書くのって手首がおかしくなるのでは?(+ +)って思うくらい難儀なことなのです!

そこで以前から趣味で使っていた万年筆を使ってみたら、なんと書くのが楽な事か!
ってことで仕事用に万年筆を購入し、せっせとデータの記載をしていたのでした

ここ1-2年は郡山の本院ではなく、福島の分院や須賀川診療所での仕事ばかりなので
こちらは両方とも今でも手書きカルテだから、カルテの記載にも使っています

字の下手さは置いといて(笑)、手首が疲れなくてすごく楽ちんご!
ラブ注入!ってしたくなるくらい(笑)

万年筆だと自然ときちんと書こうと思うのか?書きやすいからなのか?
心なしか字も読める程度までに改善??(笑)

それに手書きカルテ・・・慣れ親しんだ昔の診察と同じですからね
患者さんの顔を見ながら、話しながら、カルテを観ずにすらすらと書けるので
“この病院は顔を見て診察してくれる!”と患者さんには評判もいいみたい(笑)

各施設でばらつきはあるけれど、一日当たり50-100人の患者さんを診ていると
全体ではすごい量書いてるんだろうなあ

須賀川ではさらに通所リハビリなどの利用者さんの状況も書いているので更に多い!
インクのボトルが3か月ほどでなくなりますからね(^ ^;

愛用のモンブランの万年筆もだんだんこなれてきたのか?
いや、余り乱暴に使ってはいないのですが、多少はくたびれモードなのかも?(^ ^;
って思いながらいつもきっちり、朝一で黒のインク注入! 
ドドスコ、スコスコ インク注入♪

なーんてふざけながら、いつも一日の診療が始まるのでした
一日笑顔で元気に頑張っぱい! ない!(訳;頑張ろうよ!ね!)
ってね(笑)

スポンサーサイト
コメント
先生、カッコイ〜!
ボールペンと違って万年筆の文字は温かみを感じますね。
患者さんの顔見て話しを聞いてくれるのはすごく安心ですよ。毎朝の先生のラブ注入で患者さん方にたくさんの安心と笑顔が注入出来ているのでしょうね!
【2011/03/21 19:25】 | なっちゅん #- | [edit]
万年筆に興味のあるおじいちゃんとかは喜んでくれますしね!
患者さんが喜んでくれるのが一番ありがたいです
【2011/03/25 07:51】 | ドクター石原 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/649-6b0fc4f1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。