スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

新しい本の話題

 2010-11-03
しゃばけシリーズ最新作“ゆんで めて” 

大好きなしゃばけシリーズの最新刊が、知らない間に出ていたんですねえ!
いつもアマゾンでチェックしていたのに見落としていたみたい(^ ^ ;

“じゃばけ”シリーズといえば、畠中恵さんが書かれた本
江戸を舞台に、大店のひ弱な若旦那と妖(あやかし)たちが、すったもんだで活躍する痛快な娯楽小説!とでもいいましょうか?(^ ^)
何度かTVドラマで(ジャーニーズの手越くんが主演?)やっていましたよね?
そっちを見ていた方も意外と多いのでは?

“ゆんで”とは“弓手”と書いて左手、“めて”とは“馬手”と書いて右手を指すようです!
こういう言葉遣いや江戸時代に使われたであろう言葉遣いやしぐさが、ぽんぽん出てきてそれも面白さのひとつでしょうか?

あることをきっかけに何か、進むべき道(運命?左右?)を間違えてしまった若旦那
そのことが原因でいろいろなことが起こってしまうのですが、そんなことはとてつもなく賢い若旦那にも周りにいる(一部の(笑))優秀な妖たちにもわからない

時間設定が前後しながら物語が進んでいき、最後にことの始まりのお話になって締める
っといつもよりまたちょっと複雑で面白い!(^ ^)

しかし、とても優しく聡明だけど相変わらずの病弱この上ない若旦那と、若旦那思いだけどちょっとずれた妖たちの予想もつかない行動や活躍が笑えて楽しい
畠中さんはこのほかにも、江戸時代の妖関連の本などもいろいろ書いているくらいだから、その時代や妖たちについてよほど詳しいと思われる

まさか、畠中さんは若旦那みたいに妖の血はひいていないよねえ!
なーんて?(笑)
また、手越くん主演でいいからテレビドラマでシリーズの続編をやってくれないかなあ(^ ^)

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/512-19b83493
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。