スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

アメリカ社会の闇

 2010-09-10
コーラン焼却中止を発表=国防長官、直接説得

こういう話題を聞くたびに呆れるし、悲しくなる
宗教って人の心や魂を救うためにあるはずなのに、それが原因で太古の昔から争いが絶えないのも事実
もとはと言えば、ユダヤ教だってキリスト教だって、新しい宗教は必ず弾圧され、それでも広まり人の心のよりどころになっていたはず
でも、必ずと言っていいほど、なぜか争いのもとになっていた

キリスト教とイスラム教の溝は深い
これは聖地の問題から歴史の問題から、ユダヤの問題から、いろいろ複雑に絡まっているし、その歴史も自然に消えるほど浅くも短くもないのも事実でしょ

でも、なにかあればイスラムが悪い!
一方で、キリスト教が悪い!・・・というよりアメリカがってことかな?

どっちもどっち
両方とも宗教の真の意味を逸脱した一部の人たちが問題をややこしくしているのでしょうけど、いつの時代か仲良く歩みあい、理解しあえる時代は来るのでしょうか?

アメリカのある教会がコーランを焼却する!なんて発言をして大問題になっていたけど、さすがにアメリカ政府が止めたね
っていうか、止めるのが遅すぎ!

何が自由の国だよ!
未だに人種的にも宗教的にも差別はありありだし、貧富の差はひどいもの
見かけ倒しで自分勝手で、実は心貧しい国なんじゃないの?
一部の成功者がアメリカンドリームをつかむ一方で、多くの貧困層が苦しんでいる社会ってどうなんでしょ?

お互いが理解しあい、歩み寄って、争いのない社会にしていこうってカリスマ的宗教家リーダーは出てこないのかな?
無宗教って言われる日本人がいうのもどうかとは思われるけど
俺は神仏を信じているし、ほかの宗教に敵対意識なんて持っていない

あいだみつをさんの素敵な言葉を聞かせてやりたい

皆さんはこの問題をどう思うのかな?
対岸の火事だからとは言わないで欲しいな

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/492-008cfddd
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。