スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

秋の夜空に

 2010-09-20
今年の十五夜ももうすぐ

秋ですねえ・・・
木々も色づき始め、昼間はまだそこそこ暑いときもありますが、朝夕は冷えてきました

“秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ” by 天智天皇
秋の夜って静かで心地よくて、そして何かものさみしくていいですよね
鈴虫の音が、窓の外から聞こえてきます

そういえば今年はもうそろそろ十五夜なそうな!
去年は10月3日だったのに、今年は9月22日と・・・こんなに変わるんだ!
大和暦に間違いでもあったのか? (天地明察より)

なんていろいろ感じながら(笑)
秋の夜長を月の明かりに照らされた、すすきの穂が風にたなびくさまを静かに眺めながら、お酒を飲みたいもの
うちの庭にも、郡山の宿からもすすきの穂の字も見えませんがね(^ ^;

“月見れば 千々にものこそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど” by 大江千里

確かに秋もこの光も自分だけのものではないけれど、どこにいても仲間みんなで一緒に同じ月を、同じ気持ちで見られるようなら、物悲しくても1人ではないんだよ・・・って暖かい光に感じるかもね(^ ^)

殺伐とした世の中・・・気持ちだけでも風流にいきましょうや
わびさびは日本の、そして日本人の心の美学ですから・・・
お月見

なーんて、秋の夜長をたまにはのんびりと楽しみませんか?


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/488-3a0f9461
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。