スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

この季節がやってきました!

 2010-07-09
7月は難病・特定疾患の更新申請の季節

難病や特定疾患を持たれている方は、ある一定の基準を満たすと、医師が書類を書きそれを役所に申請することで、医療費などがかなりの面で補助が受けられることとなります
つまり受けられない人は、とても医療費の負担が大変!ってことでもあるのですけどね(> <)

さて、その書類がお役所から患者さん宅へ送付されるのが毎年7月1日
んでもって、すべての該当疾患、該当患者さんの書類がすべて同時期、つまり7月中に提出しないといけません!ってことにされています(^ ^;
なんですべての疾患が、すべての患者が同時期に??
それって患者さんの総数を考えても、疾患の総数から考えても可能だと思いますか?(^ ^;

つまり多くの該当患者さん、難病や特定疾患を真面目に診察している医者ほど、その時期に時間外に必死に書類をかかないと、つまり書きあげて患者さんに渡してあげないと、患者さんはサービスを受けられない可能性が出てくるわけです!
そんなのを1カ月程度ですべてこなせって言われてもむちゃくちゃだと思いませんか?
結局やりますけどね・・・だってやらなきゃ患者さんが人質みたいなものですからね(+ +)

でもね、実は法制度上は9月いっぱいに提出し、10月中には受け取れることになっているのです
じゃあなぜ、お役所では7月中に持ってくるように“口頭”で言われるか?

以前にその制度ができた時に、お役所の手続きが間に合わずに、10月中に発行するはずの更新手帳が多くの患者さんにおいて間に合わず、その間患者さんは一般の3割負担(と言っても月に数万円も!)の出費を一時的に支払わなくてはいけないことがあったのです!(- -)
遅い人では2-3ヶ月くらい届くのにかかりましたかね?(- -)#

それって、患者さん側の問題でしょうか?
それとも担当している専門医(医者)側の問題でしょうか?
書類を持ってくるのは患者さんの責任、書類を書くのは医者の義務、でも書類申請を潤滑にこなすのはお役所の義務なんじゃあありませんかね?
違いますか?

残業したって徹夜したって休日出勤したって、ご自身の業務はご自身の責任の上で期日以内に終わらせる!
それは一般の社会、一般の会社では当たり前ではないんですかい?
それをやらずして、患者さんや現場の医者だけに負担をかけるってのは有りなんですかい?

すべてのお役人さんがそうだとは言いませんが、どこの地区でもどこの市でも、患者さんが同じことを言われているってことは、闇カルテルじゃあないでしょうが、組織的に暗黙の連携でもあるんでしょうかね?

“患者さんはお役所の会議室で苦しんでんじゃない!現場で苦しんでるんだ!”
踊る大捜査線で青島刑事が同じようなことを警視庁本部に叫んでたのを思い出したりね

“お役人さんよ、確かみんなのために公務を行う、公務員さんだよなあ?
福祉ってのは患者さん中心に行われるんじゃねえんか?・・・なーんてな”by 和久さん

この時期はいつもそんなことで、疑問と葛藤、やるせなさを思い出してしまう
現場の医者にとっては、ある意味とっても悩ましい気の重い時期です・・・

政治家の人もこんな現状だなんてっぜんぜん知らないんだろうなあ・・・
スポンサーサイト
コメント
我が家にも7月はじめに更新手続きの書類が届きました。これがまたとっても難しいんです(T_T)
書き方から、添付書類の説明から、ほんとにわかりにくい。
これが御高齢の介護者が手続きするなんて場合、
どうなっちゃうんだろう???
実際に私の知っている患者家族の方でも、あまりの手続きの難しさに結局手続きしなかった年があった、と
おっしゃっている方がおられました。
介護している家族は、書類を隅々まで読む時間をとるのも難しいのに・・・。
しかも、「窓口が混雑するから書類は書いてから持参するように。添付書類は全てそろっていないと受理できません。」と御丁寧に書いてあったりします。
実は私自身が公務員なのですが、自分がこういう立場になって初めてお役所のこういう部分に気付かされ、
反省しきりです。やさしくないなぁ・・・と。
そして、書類を書いてくださる先生方の御苦労も、
実は石原先生のこのブログを読んで初めて知りました。
確かに、7月の1ヶ月間で全ての患者さんの書類を作成するというのは、本当にたいへんなことですよね。
なんとかならないんでしょうか・・・。
長くなって申し訳ありませんでした(>_<)

【2010/07/11 13:27】 | ともみん #- | [edit]
そうなんですよね!

多分ご自身がその立場になって初めて分かることってあると思うんです
医療人が病気になって初めて、自分たちの至らないところがわかった!みたいな?

そう言うところを多くの人に知ってもらい、公共サービスや福祉の本当の目的は、常に弱い人がサポートを受けるためにあるんだ!被福祉者や家族に優しい制度でなくてはいけないんだ!!って気づいてほしいと常々思っている次第です

この声が少しでも多くの人に届けばと思いつつ
【2010/07/11 15:39】 | ドクター石原 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/432-6e4368a4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。