スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

地域医療について

 2010-05-18
地域医療と連携パスって?

連携パス!って言われても何の事だか、医療関係者以外はよくわかりませんよね?(^ ^;

最近では最先端の急性期病院だけが独自に医療を行うのではなく、急性期の専門病院が救急患者や難しい治療の患者を治療したら、その病院に長居をせず、その次の段階としてその後の回復期治療を行う病院へ!
さらにそこでの経過が良ければ、さらにリハビリ病院へ!

そして状態が安定してきたら、自宅退院して開業医の先生(地域の先生)に診てもらうという、地域にある医療機関が最初から最後まで協力・役割分担しながら、患者さんをより効率的に、より適切に治療を受けられる環境を整えましょう!
というのが“地域連携パス”というもので、各疾患ごとにいろいろ作っていかなければならないのです

これがうまくいけば、救急病院が満床で救急患者が受け入れられない!俗にたらいまわし!ってことがなくなりますし、地域の医療が均一化され、医療機関から患者の家族まで情報が共有化できる!

とまあ、とっても理想的なのですが・・・なかなか作り上げるまでは大変(+ +)
県や国はわずかな補助金と多くの口は出しますが、労力とアイデア、マンパワーは一切出してくれませんから(^ ^;

院内でもいろいろな意見があるうえ、各病院での思惑があったり・・・

昨日はそういうことを含め、地方の地域医療をいかに活性化していくか!
ということを討論しあう研究会をやってきました

って説明するだけでも疲れるほど難しい・・・
うまくいけばいいのですが・・・なかなか理想に近づけるって難しいですね・・・

口ばかりで役にも立たないお役人に文句を言っても始まらないので(笑)
とりあえず、ひとつひとつ、こつこつと、地道に・・・
っていつまでかかることやら(^ ^;
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/383-da5123ee
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。