スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

小児の臓器移植を考える

 2010-04-12
小児の脳死判定基準見直しと臓器移植

<小児脳死>「24時間空け判定」 厚労省研究班が基準案

脳死の判定ってなかなか難しい
特に回復力が高い小児の場合にはさらに難しい
だから慎重に慎重を重ねて行う必要もあるし、プロトコールが重要となる

しかし脳死判定は延命処置の継続などを判定するためのものでもなく、家族へ最終宣告するためのものでもない
臓器移植を前提としたものであるこは疑いようもないこと

もし自分が脳死になったら?
脳神経の専門家として大人の脳死からの回復はほぼあり得ないし、臓器移植に応じるつもり
臓器移植カードも発行当初から持ち歩いている

しかし、小児の場合にはどうか
臓器移植を待つ親の立場からは、脳死判定基準を緩和してほしいと願っているでしょう
脳死の子供を持った親は果たしてどうでしょう

臓器移植ありきの検討は、なにか違和感を感じざるを得ない・・・と思う

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/339-a1289a88
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。