スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

診療所のお仕事

 2010-04-23
在宅医療はじめました 

4月から附属の診療所の所長として赴任しました!って話はしましたね(^ ^)

診療所では、“最前線の救急病院の附属”とは言えやることは地域に密着した診療
専門疾患ばかりではなく、風邪から頭痛、腹痛までみんな診察するわけですが
その中に“在宅診療”という業務も含まれています

在宅診療は文字通り、患者さんのおうちに出向いて診察してあげる“往診”みたいなもの
寝たきりになっても入院ではなく自宅で静養したい患者さんや、看ていてあげたいご家族
認知症で病院に連れていくのが大変だったり、最後は自宅で迎えたいなどその要望は様々

その代わり、自宅で看るためには家族の協力・団結がないとできないので、ご家族の労力はけっこう大変なことだと思います
その分、難病や認知症、癌などで動けなくなったときに、家族にずっと付いていて最後まで一緒にいてもらえるなんてとても幸せなことかもしれません
そうしたくても、されたくてもできないご家族もあるでしょうから

看護婦さんと各家庭を回っていると、心待ちにしていた感じが伝わってきます
ご家族も、最近の患者さんの体調から世間話まで、介護しているといろいろ話したいこともあるのでしょう
コミュニケーションとれないのに笑顔になってくれたり、拝んでもらえたり(笑)

もう十何年も介護している家族、活き活きと手際よく介護している家族もいれば、患者と家族で上手くいっていない家庭や疲れの表情が出ている家族など、いろいろですね・・・
いろいろな面でサポートしてあげないとね

まずはどんどん打ち解けて受け入れてもらわないと始まらないですからね!
笑顔と元気を武器に頑張らねば(^ ^)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/333-c46c175e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。