スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

健康でいるために

 2010-02-28
公共の場での全面禁煙の徹底へ

と言う話しが、現政権で法制化される傾向にあるようですね!
それに賛成するか、反対するかいろいろ意見はおありでしょうが、TVでインタビューに答えている人は、非喫煙者か、喫煙者かによっても大きく違うでしょうねえ(^ ^;
私は嫌煙家だから、ある意味賛成ではありますが・・・

確かに受動喫煙は非常に問題であり、近くでタバコを吸われているだけで、非喫煙者なのに発ガンリスクが上がるということは、すでに証明されていること
それだけではなく当然、脳卒中や心臓疾患の危険性も(+ +)

これに対して数年前に“健康増進法(受動喫煙の禁止)”という法律が定められ、会社や病院、新幹線や駅の構内でも禁煙となり、喫煙場所意外での喫煙を制限されてきている経緯はご存知と思います
JRホーム喫煙室

とはいえ、未だに会社や田舎の市町村役場など公共の場でも、分煙どころか全体がガスってる処も少なくないのでは?(^ ^;
飲み屋や喫茶店、レストランなどでも、“分煙”とはなっていても、不十分なところが少なくはないのも事実

今度はさらに“公共の場は全面禁煙を徹底!”とスモーカーには一段と厳しい制度!
でもこれも世界的な時代の流れと言いますか・・・
それに、いつになってもマナーを守れない喫煙者が目立つのも事実だしなあ
制度化されるもやむを得ないのでしょうね(^ ^;

私は“嫌煙家のハト派”を自称しておりますが、いろいろキャンペーンや活動している“嫌煙のタカ派”の方々にとっては、やっと勝ち取った制度のようなものでしょう!
ハト派の私から見ると、マナーを守っている喫煙者は少なくないし気を使ってくれているし、それ以外のマナーの悪い喫煙者だけのために喫煙者の権利がどんどん制約されるのは少々可哀想な気も(^ ^;

仕事では当然ながら、患者さんにはタバコは止めるようには強く指導しますが、指示を守れない方にはけして怒りはしません
でもね、それでまた本人が病気になったり、どんどんぼろぼろになっていくんですよ・・・
やっぱり健康でいるためには自覚が大切ですね(+ +)

でも人間は誰しも自分に甘く弱い生き物ですから、本当は自制ってのが一番難しいのかもしれませんね
周りの人や友人、家族にも悪影響を与えないためにも、自分が病気になって家族に迷惑をかけないようにするためにも、こういう制度化で自分を縛ってもらうのも仕方ないのかもしれませんね

しかしいくら“ハト派”の私でも公共の場や新幹線、車内のトイレや人ごみで歩きタバコしている人などがいたら“阿修羅の如く”ですけどね(笑)

ちなみに、毎月22日は、スワン・スワンで禁煙の日になったそうです(笑)
“How many times have you try to quit smoking?”(笑)

禁煙の日の記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/297-aedd7cd5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。