スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

季節の話題・日本の行事

 2010-01-07
今日は七草粥の日ですね!

知っているようで・・・意外と詳しくは知らない、七草粥の行事!
ご年配の方は当然のことのようにわかっているとのこと(^ ^;

“七草”というとこの時期だけではなく“秋の七草”、“昔の七草”ってのもあるんですね!
もしかして知らなかったのは俺だけでしょうか?(^ ^;

・昔の七草:米、粟、キビ、ヒエ、胡麻、小豆、むつおれ草(春・秋の七草とは別とのこと)
・春の七草:セリ、ナズナ、母子草、ハコベ、コオニタヒラゴ、カブ、大根
・秋の七草:オミエナシ、尾花、桔梗、撫子、藤袴、葛、萩
(ウィキベディアより)

“春の七草”その意味合いは、ご存知のように邪気を払い万病を取り除くこと、おせち料理で疲れた胃袋を休めること、栄養分を補うことだそうですが・・・でも今はどの程度のご家庭で食べているでしょう?
おせちすら作らない、食べないってご家庭も意外にあるのでは?
実際に七草の行事なんてうちでもあまりやっていない(^ ^;
それに子供の頃に食べて“うまかった!”って記憶ってないですよね?(笑)

ちなみに秋の七草には特に行事的な意味合いもなく、眺めて楽しむものだったようです。
四季を愛でることを風流とし、感性豊かで四季の移ろいを、観て味わって楽しめることできる
日本人のいいところなんでしょうね!(^ ^)
少し勉強になっちゃいました!

そこで一句!“七草の日に 食べる食事は 病院食(当直食)~”お粗末さま(^ ^;
確かに胃も財布も休まる・・・体は休まらないけど(笑)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/236-a176fc72
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。