スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

素敵な映画の話題

 2009-12-10
パコと魔法の絵本
パコDVD

舞台はちょっと変わったオンボロ病院。
病院の職員も入院患者も変わり者に曲者ぞろい。

その中でも最も変ってて嫌われ者なのが一代で大会社を立ち上げた大貫(役所広司)。
超えばりん坊で超我がまま。
“私の名前を気安く呼ぶな!お前が私の名前を知っているだけで腹が立つ!”が口癖。

一方、パコ(アヤカ・ウイルソン)は7歳の誕生日の日に家族で交通事故にあい、奇跡的に助かったものの、1日しか記憶が保てない。
家族が死んだとも知らず、毎日誕生日の朝だと思って母親からプレゼントされた絵本を毎日毎日読んでいる。
それまでけして他人と交わろうとせず周りを見下していた大貫が、パコと出会ったことで何かが変わり始める。
パコと接するたびに、そしてパコの病気を知って、頑なな心が開かれていく自分に戸惑う大貫。
毎日を忘れてしまう純真なパコに見つめられ頼られ、ついに大貫は“この子の心の中にいたいんだよ!”と・・・

ストーリーはミュージカルぽく進行し、CGをふんだんに使ったりしてどんどん絵本のファンタジックな世界に引き込まれていく感じの素敵な映画です。
また、今旬の阿部サダヲが進行役として独特の味(毒?)を出しています(笑)。

2008年上映、DVDも出ていますので週末にお酒でも飲みながらいかがでしょうか?(^ ^)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/207-34f0fb90
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。