スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

桜の季節ではないけれど

 2009-12-18
はるがいくよ

しゃばけシリーズはTVで観てからはまってしまって全巻読んでいたのですが、ここのところおさぼり(^ ^;
久々に、第6弾~8弾まで纏め買いして読んでいるところです。

江戸時代を舞台に、病気には事欠かない、体はめっぽう弱いが人のいい大店の若だんなを中心に、妖(あやかし)たちが活躍するのですが・・・
体が弱い分だけ、取り巻きの両親や兄やたちの甘やかしようったら・・・笑えます

また、お化けや妖怪とは言わずに “妖” というところがなんとも(^ ^;
若だんなはその甦生から妖が見えるし話もできる。
そんな超ひ弱な若旦那は、誰にでも優しいから、みんなが仲間のようなもの。
なんとも不思議な江戸時代ならではのファンタジックなお話なのです。

その中で、第6弾のちんぷんかんぷんの中の “はるがいくよ” 珍しくはちょっと切ないラブストーリー!
桜の花びらの妖と若だんなの心のやり取り。
桜の花の短い季節と人の命の果敢なさを掛け合わせているのですね。

時間が過ぎるのはあまりにも早く、散っていくことって寂しいですね・・・・
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/181-7471aa10
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。