スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

時事の話題

 2015-02-13
話題のテロ集団「イスラム国」とは

イスラム教が悪いわけではないのに、過激思想のイスラム集団が絡んで事件が起こると
またイスラム教って!って思われてしまうのは、多くの敬謙なイスラム教徒からすると
こんなに迷惑で悲しいことはないだろう

そんな事例を宗教間の問題やその歴史上の問題に重ねちゃうと複雑になってしまうし
ほんの一部でも強調するようにとられるのも嫌だから、それは置いておくとして
ここ最近は「イスラム国」と名乗る、国家ではない巨大なテロ集団が問題になっている
やり方も起こす事件も残忍でやりたい放題、その残虐報道も増えている

イラク北部とシリアの一部を武力とイスラムの経典を悪用した考え、恐怖政治で支配し
それに反対する住民や勢力、異なる部族を抑圧し、虐殺しているとの情報もあるし
日本人を含め米英のジャーナリストやヨルダンの兵士などが、極めて残虐なやり方で
惨殺さtれている情報には心を痛める

最近になって、イスラムの国々から、そのテロ集団を「イスラム国」と言わないで
と、日本の報道各社に要請も入っていた様子
確かに「イスラム国」と言うと、世界でイスラムの国々からも認められてもいないのに
イスラムの国ってイメージが出ちゃうし、以前からすごく違和感を感じていた
それに、そういう言い方をしているのは日本の報道だけなんだって

本来は「Islamic State of Iraq and Syria」(ISIS;イラクとシリアのイスラム国)、もしくは
「Islamic State in Iraq and the Levant」(ISIL;イラクと“レバント”のイスラーム国)
って言い方をするのだそうで、各国の首脳や報道官は「イスラム国」って言い方はせず
「ISIS(アイシス)」とか「ISIL(アイスル)」って必ず言っているよね

レバントとはトルコからシリア、エジプト、パレスチナやヨルダン、レバノンをも含む大シリア
を指したり、ダマスカスを指すときに用いられることもあるらしく、使うべきではないという
考え方もあるようだけど、アメリカや日本は「ISIL」と言っている
どちらを使うべきかってのは難しいけど、少なくとも「イスラム国」っていうよりはいい

言葉って知らずに間違って使ったり、不適切に使うと、使った本人は悪い意図はなくても、
それを受け取る側に嫌な思いをさせたり、誤解を生んでしまったりするから怖いね
報道すればするほど、テロリストを宣伝しているようになってしまうし、
本来のイスラム教というものへの間違ったイメージを与えてしまっている現状

過激思想ってのは困窮している時代、困窮している地域で広まりやすいことは、歴史的に
みても分かっていることだけど、このような過激思想や暴力からは憎しみと破壊しか生まれない
さらに憎しみと、暴力、さらなる困窮が広まり深まるだけなのに・・・

ISIS(ISIL)のような過激思想やテロリズムはこの世から消滅してほしい
でもできれば力で叩き潰すのではなく、世界の困窮が減って、過激思想が生息できなく
なるような住みやすい環境が世界中に広まることを祈るばかり
とはいえ、そうは簡単にはいかないものだろうけど・・・

今回は自分の疑問に思っていた言葉の意味と使い方を呟いてみました

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/1227-e7eac416
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。