スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

高齢化社会は止まらず

 2014-10-05
高齢化社会と認知症

高齢化社会がどんどん進んでいることはご存じのとおり
ベビーブームとやらにやたらに生まれた団塊の世代がその仲間入りすることで
さらに一気に高齢化が進むといわれていますが・・・

まあ、高齢化と言われても今のお年寄りは若いし元気な人も多いのですけどね(^ ^;
ただ、平均寿命が延びるにしたがって認知症問題が深刻になっているのは
ご存じだと思うし、これは日本だけではなく世界中で問題とされていること

認知症になることへの恐怖心はみんなあるだろうし
介護する家族の負担は大きなものになっていく
さらに、認知症になると道交法上運転が禁止されるしね

国を挙げて「オレンジプラン」なる認知症対策を地域で進めましょう!という計画が
昨年から進められてはいるものの、国も県も結局大した予算出さず丸投げ!って
構図は、いつの時代も、どの事例も同じで現場も患者さんも大変だよね(+ +)

認知症は物忘れだけではなく、注意力・判断力・理解力も落ちるから運転は危ないし
認知症の老人の免許更新をさせてしまったために、死亡事故が何件も起こっている
なぜかしら、現地の警察や公安の責任は追及されていないけど・・・

認知症ではなくても65歳以上の事故率は初心者よりも高くなっている現状を考えると
免許更新の際の認知症検査も、75歳以上→65歳以上にすべきなんだろうね
それも免許センターで及び腰ではなく、もきちんと、厳密にやってくれることが前提だけど

いろいろな会議に参加してみると、先進的にうまくいっている地域は例外なく
県や市町村などの行政の深い理解と、金銭的・人員的バックアップがあり、
核になる大学病院や大きな県立病院が中心になってやっている

東北は福島を含めて・・・さみしい限り(^ ^;
金も人も出さないうえ、そもそも国公立病院や大学病院の参加はほぼゼロ(+ +)!
全国的にもあり得ないくらい、珍しい厚生行政・公務過疎地?だってこと(笑)

でもね、地域の医療機関は今まで何もしていなかったわけではないのよ
その分、地域では精神科や脳外科、神経内科だけではなく開業医の先生まで
一生懸命にみてくれていた

ただ、地域包括センターや保健所、各自治体と医療側の十分な連携が取りにくかった
認知症疾患医療センターってのが福島県でも全国に遅駆けて(笑)・・・つまり
全国で一番最後に認知症疾患医療センターができたけどね・・・でも名前だけ(笑)
これらを連携することも重要なお役目の一つなんだけど、これがなかなか(^ ^;

認知症疾患医療センターってのができた!って聞くと、新しく建物が建った?
専門家が多くやとわれて、高度な認知症検査ができるようになった?って思うよね?

でも、診察しているのも依然と同じ人員で同じ体制で、同じ建物で検査も同じように
やっているだけで、他の病院とやっていることは同じだもの
認知症ばかりではないから、他の病気も今までどおりにみていかないといけないしね
これはどこの医療機関でも同じことなのよね

でもさ、ないものねだりをしても始まらないでしょ?(^ ^;
現在まで頑張ってくれていた地域の医院や病院の力とその経験を活かしてもらい
各病院・医院間の連携、市町村や包括センター、保健所などとの連携に加えて
市民教育による認知症への理解とボランティアの活用などを考えていかないとね

とにもかくにも、ボケないようにするためには自己管理と内科管理が重要!!
ボケが進まないようにするためにも自己管理と内科管理!
勉強も病気の予防や治療も自身の努力は大きなことだから

かかりつけ医の存在がますます大きくなってきたよね
かかりつけ医を作って、定期的にきちんと見てもらって元気でいないとね!
「ぴんぴんころり」ってみんな望むだろうけど、元気でないとなれないのよね
お大事に・・・

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/1219-48fbb70c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。