スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

睡眠と老化

 2013-02-08
老化と睡眠と身体のリズムと・・・

眠ること、十分な睡眠をとることはとても重要なこと
毎日きちんと十分な、規則正しい睡眠をとっているのとそうでないのでは、
疲れの溜まり方も違うし、頭痛持ちの人ではその程度や頻度も違っちゃう

とは言え、眠るのが好きなのに忙しくて眠れない人もいれば
いろいろ気になったり、ストレスがたまって眠れない人、
年とともに眠れなくなる人などなど・・・なかなか睡眠の問題は奥が深い

忙しい人は仕方がないけど、ストレスで眠れない人、不眠の続く人は
時には心療内科できちんと早めにみてもらった方がいい人も・・・
眠れない!ってやみ雲に睡眠薬を飲んでいると依存の問題もありますからね

そうでなくても年齢とともに睡眠は浅くなるし、途中で起きちゃったり
早くから目が覚めちゃって眠れない!って悩む方も高齢になればなるほど
増えてきますよね

朝日を浴びると脳の視床下部と言う体のリズムをコントロールしている部分に
その信号が伝わり、脳や体が働けるようにスイッチが入る
一方、暗くなるころになるとメラトニンという物質が脳内で出されて
眠気が襲ってきて“ようし、寝よう!”ってことになる

これが悲しいことに年齢とともに十分にでなくなってくるので、年をとると
途中で目が覚めやすかったり、朝早く目覚めてしまうようになるわけで(^ ^;
子供が何してもなかなか起きないのはこれがたっぷり出されているから!

夜中にトイレが近い!って人の中には、途中で目が覚めるからトイレに
行きたくなってしまう、だからあまり量は出ない!って人もいるはず
それはそれで、本人にとっては困ったことですよね

ただし十分に眠りたいからとやみ雲に睡眠薬を強くしていくと依存も出ちゃうし
量がどんどん増えちゃうし、ふらつきがでて夜中に転んでしまう場合も
最近ではこのメラトニンのお薬で睡眠リズムがよくなる人もいますからね

ただ薬にだけ頼るのはお勧めしませんが、治療の必要な人に
適切なお薬を飲んでもらうことは、十分な睡眠をとるうえでも大切
その人の不眠がどこからきているのか?
睡眠障害の専門医に相談することも時には必要かも



スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/1137-e6562c09
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。