スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

最新映画の話題

 2012-12-01
観てきました!“007・スカイフォール”♪ 

話題になっている、ダニエル・クレイグが主演の007シリーズ最新作
007最新作/スカイフォール が本日から一般公開!

007シリーズと言えば、1962年のショーンコネリー主演の“ドクター石原”
じゃなく(笑)、“ドクター・ノー”から始まって23作目
更に今年で、007シリーズが始まって50周年って記念すべき年の新作ですからね

ジェームス・ボンド役も初代のショーン・コネリーから始まって、あまり売れなかった
軟弱なイメージのジョージ・レーゼンビー、ちょっとチャラくなったロジャー・ムーアに
ダンディーでスマートなティモシー・ダルトン、精錬された理想的なボンドのイメージ
のピアース・ブロスナンとそれぞれ特徴があって個性的で楽しかった

共通するのは、カッコよくて女性にモテモテで敵の美女まで寝取ってしまうほどの魅力と
ダンディズム、卓越した知識と判断力、イタズラっぽい笑顔とユーモアのセンス
お酒にも女性にもめっぽう強く、美食家で、バイオレンスでもけして負けないタフさは
英国男性の憧れの男性・理想像をまとめて具現化した男性像として作られているとか

ダニエル・クレイグになってから若き日のボンドが本物の00(ダブルオー)になるまで
って事だけど、明らかにハードボイルド化され、アクションも迫力が増していた
見事な肉体でなるべくスタントを使わないで演じているからこその映像かな?って
星三つ☆☆☆状態で、最高だなーって評価

さてさて、これまでのダニエルの2作はダブルオーになるまでの前半・後半って感じだった
今回は全く違った設定で、英国諜報機関(MI-6)が狙われるという、未だかつてない
危機的状況に追い込まれ、Mまでその地位も命も危ういことになってしまう
その相手とは?敵の目的は?それはMI-6の歴史にもかかわる問題でもあるのだが・・・

でも観終わった感想は・・・うーん!って感じなんだよねえ
出だしは迫力があっていつも通りでのめり込めるんだけど、いまいちテンポが遅いのか?
間延びしているのか、その割に登場人物も多く場面場面が丁寧に描かれていないというか
ストーリーがまとまっていない感じで、なぜそういう方向に?結末になるのか?
っていろいろ考えてしまう

欧米では007シリーズ史上、最高の興行でで出したとのうわさだけど、どうなんでしょ?
みなさんの意見も聞いてみたいなあ

いつも映画を見た時には、星の数や、もう一度見たいか?DVDを買いたいか?
って評価するけど、もう一度見たい感じではないし、DVDもWOWWOWで十分かな?って
これは、ダニエルが選んだとは言え、監督が合わなかったってこともあるのか?
脚本的に何かを替えようとしてこうなったのか?
うーむ。。。。

スポンサーサイト
コメント
007のダニエルより、私は「ミレニアム・ドラゴンタトゥーの女」に出ていた彼のほうが好みです。

原作はハマります。
先生にも是非お勧めです!!

【2012/12/06 16:18】 | rei #- | [edit]
なるほどね!

映画は見たけど、なかなか良かったよね
【2012/12/06 20:39】 | ドクター石原 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ishiharashinkei.blog93.fc2.com/tb.php/1114-1bd79e2f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。